中古トラックってどんな感じ?

スペアタイヤの付け方

スペアタイヤの付け方

スペアタイヤの付け方 中古トラックで走行中に急にタイヤがパンクしてしまった場合、そのまま走行すると事故につながるおそれがあって危険なので、すみやかに適当な広さの場所に中古トラックをとめてスペアタイヤに履き替える必要があります。
自分で付け替える場合はレンチや鉄パイプ、ストッパー、ジャッキが必要となるので、交換の必要がでてきた場合に備えて車内に保管しておきましょう。
タイヤ交換の仕方は、まず作業中に車両が自走してしまうことがないように履き替えないタイヤをストッパーで固定します。
その後、レンチをつかってスペアタイヤをおろし、交換するタイヤのナットを鉄パイプを使って少しゆるめてからジャッキで車体をあげて、タイヤを外します。
あとは、スペアを取り付けてナットを仮締めし、ジャッキの油圧をさげて車体の高さを元に戻し、ナットをきつくしめれば交換が完了となり、スペアを装着していた場所に使わなくなったタイヤを固定すれば作業が終了となります。

中古トラックなら反射板がついているからお得

中古トラックなら反射板がついているからお得 運行の安全のために必要なのが反射板です。
後ろからの光が跳ね返ることで、暗いところや雨の日などでも先行車を見分けることが可能です。
いろいろなデザインがあり、好みに合わせてこだわりのものをつけている人が多く見られます。
ただし、機能が充実しているものやデザインが凝っているものは値段が高く、なかなか手に入れ流ことが難しいと諦めてしまうこともあります。
そんな時は中古トラックがおすすめです。

何もついていない新車では、それからいろいろなものを取り付けなければいけませんが、中古トラックなら既についているものが利用可能です。
トラックの仕様が満たされるなら、自分のこだわりにあったものを選ぶと良いでしょう。
中古トラックならば、車検を通過しているものもあるので、そのままつけていても問題ない場合がほとんどです。
いろいろな物の中から好きなものを選ぶのも楽しみの一つと言えるでしょう。
できるだけ状態の良いものを選んだ方が安心です。

新着情報

◎2020/12/4

スペアタイヤの付け方
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「トラック タイヤ」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2020 中古トラックってどんな感じ? All Rights Reserved.